タイトルイメージ
真光の業とは

HOME真光とは真光の業とは

真光の業とは

真光の業とは

『真光の業(まひかりのわざ)』は『手かざし』とも言い、神様の光を手から放射する業です。
神様の光を受けることで魂と心と体が浄められ、体はもちろんのこと、霊の世界が浄められ、目に見えない霊的な変化が現れてきます。

たとえば、仕事の面では職場の環境や人間関係に良い変化が現れ、家庭生活の面では家族仲や夫婦関係に良い変化が現れるなど、いろいろな面で良い変化が現れてきます。
食べ物も手かざしにより毒気が消され、味の変化を感じる人もいます。

『真光の業』『手かざし』は神様の存在と救いを与えるために神様から与えられたものです。

自分の救われだけではなく、世界の多くの人の救われを願い手をかざすことを神様は願っています。