タイトルイメージ
教え主について

HOME概要紹介教え主について

教え主について

教え主について
世界真光文明教団の教えは宇宙創造の神様から示されたもので、その教えをお伝えくださる方を、『教え主』と申し上げています。
初代教え主 聖凰(せいおう)
岡田良一(おかだよしかず)(1901年-1974年)

昭和34年2月27日「天の時到れるなり。起て、光玉(こうたま)と名のれ。手をかざせ。厳しき世となるべし」との立教に関する啓示を神様から受けました。同年8月、L・H陽光子友乃会を創立し、昭和38年、宗教法人世界真光文明教団を設立。
神様から降ろされた「真光の業(まひかりのわざ)」と「正法の教え」を多くの人にお伝えになり、昭和49年6月23日にご昇天なさいました。

二代教え主 聖峰(せいほう)
関口榮(せきぐちさかえ)(1909年-1994年)

昭和34年、岡田光玉師の立教とともに参加し、以来長年にわたり師に仕えました。
昭和49年6月23日、初代教え主の昇天にあたり、神命により二代教え主として就任。
初代の意志を引継ぎ、主座建立に向けて邁進し伊豆天城の地に60万坪の御聖地を得て、昭和62年8月23日主座建立を成し遂げられ、平成6年1月3日にご昇天なさいました。

三代教え主 聖翔(せいしょう)
関口勝利(せきぐちかつとし)(1939年-)

昭和57年に事務局長に就任し、父である二代教え主の手足となり主座建立に奔走。
世界布教への足がかりとして、平成2年より海外留学制度を設け、アメリカ・カリフォルニア大学アーヴァイン校に毎年留学生を送り出しています。平成5年、学校法人富士陽光学園の理事長に就任し、自ら学生の教育に当たると共に、教義教理の裏付けのため、精力的に海外遺跡の調査を行なっています。

二代教え主聖峰師の昇天後、神命により三代教え主として就任。初代教え主以来の念願であった「人類祭」を本殿前広場で執り行ないました。
現在「スピリチュアルボランティア」活動による、全人類の霊的救済を促すため世界的に活動しています。